土曜の夜の短かい文学 関西の現代俳句と俳人たち(坪内 稔典)

関西俳人100余名の作品論・作家論

〈坪内稔典 俳句シリーズ〉

土曜の夜の短かい文学
関西の現代俳句と俳人たち

出版社:象の森書房

著 者:坪内 稔典(つぼうち としのり/ねんてん)

ジャンル

俳句・短歌/現代俳句/評論

キーワード

俳句/俳人/作家/評論/関西

閲覧タイプ

フィックス(固定)POD(プリント・オン・デマンド)

主な販売サイト


販売サイト(POD版)


内容紹介

〈継承と想像〉の課題に挑む関西俳壇を凝視して描く、活躍する俳人100余名の作品論・作家論。俳人の心象風景を訪ね歩く、エッセイ風〝俳句鑑賞講座〟。1981年発刊の書籍を電子書籍、PODで復刊。象の森書房から出版

〈目 次〉

  • 存在の幽けさ 阿以鎮雄
  • 記憶の風景 青江涼江
  • 韻律の諧調 阿波野青畝
  • 夕日のなかの合唱 五十嵐研三
  • のぼれば見ゆる梅の丘 五十嵐播水
  • 沖縄は要求する 井沢唯夫
  • わが友はまた妻の友 板谷芳浄
  • 生命のゆらめき 伊丹公子
  • 音俳と写俳と 伊丹三樹彦
  • 共同性の余熱 稲葉直
  • 俳句の家 稲畑汀子
  • 空の波音 茨木和生
  • 写心を映す鏡 岩宮武二
  • 歳月の果てに 右城暮石
  • リラの花へ 宇多喜代子
  • 尻無河畔 榎本冬一郎
  • 鳥が噪ぐとき 大野美沙代
  • 談笑の場 大橋敦子
  • ことばの乱反射 大橋嶺夫
  • 物に応じる 大峯あきら
  • 密漁船に似て 大本義幸
  • みせばやの国 岡井省二
  • 身体の反応 鏡原由紀子
  • 風俗の活写 桂信子
  • 身体の旅へ 加藤三七子
  • 青春の歌 金子明彦
  • ほくろと俳句 金子晉
  • 鱶のいる海で 亀井一竿子
  • 新しいことばへ 川口マリ子
  • 魂の故郷 河原枇杷男
  • 自由律の系譜 日下部正治
  • 水へ 久保純夫
  • 美しい微笑 小泉八重子
  • 食べなはれ 小寺勇
  • 総合誌の系譜 小寺正三
  • わが清十郎 後藤綾子
  • 散歩の句 後藤比奈夫
  • 小田村の者 小山清峰
  • 客観化とつつましさと 佐野千遊
  • 胸中の大河 渋谷道
  • 巨人と水馬 嶋杏林子
  • 日々の詩人 島津亮
  • 双子座魚座水瓶座 城貴代美
  • 荒畑という字 白井房夫
  • 木の上の少年 新馬立也
  • 闇のなかの帆 杉本雷造
  • 荒天のもとで 鈴木六林男
  • 生活の気分 摂津よしこ
  • 純粋感情のきらめき 高見芳子
  • 美への反意 竹中宏
  • 単刀直入の名 橘孝子
  • 本来の場へ 立岩利夫
  • 田中君の俳句入門 田中三津矢
  • 職人の夢 地黄天国
  • この指とまれ 近松寿子
  • ひねりの行方 辻田克巳
  • 生の重さ 津田清子
  • 口碑の詞章 寺井文子
  • 戦後育ちの軌跡 徳弘純
  • 大地の慟哭 兎沢亮美
  • 漱石的主題 友岡子郷
  • 風景のかなた 豊田都峰
  • 孤独な走者 中井之夫
  • こころの碑 中島双風
  • 六十年後の春 永田耕衣
  • はきだめに咲く花 中西二月堂
  • 湖北へ 那須乙郎
  • 低い場所で 西井江村
  • 好きな人を呼びたくなる 西順子
  • ダイモンへ抗う意志 西村逸朗
  • 清冽な思慕 橋聞石
  • 因童へ 波多野爽波
  • 節度の輝き 花谷和子
  • 鉛筆の遺書 林田紀音夫
  • 鈍色の谷間で 東川紀志男
  • 一螢の明滅 日野晏子
  • 海の舞台 藤井冨美子
  • 意識のかたち 堀葦男
  • 季語の活力 堀内薫
  • 妻のその後 前田秀子
  • 夕明り 政野すず子
  • 身体のすみか 増田まさみ
  • 一万句の選 丸山海道
  • 指の傷のように 丸山景子
  • 石鹸玉を吹く女 三好潤子
  • 心はやりを 森田峠
  • 俳句的思考 森田智子
  • 無名の自分史 守田椰子夫
  • 耽美の志向 森山夕樹
  • まがり角に牛がいる 矢上新八
  • 晶子の海 八木三日女
  • 青空と残像 山上樹実雄
  • 宗谷の門波 山口誓子
  • 自然と人生 山口草堂
  • すそ野の風景 山本古瓢
  • 常識の精髄 山本洋子
  • 大阪を捨て得ず 米沢吾亦紅
  • 白い丹波路 若森京子
  • 幻の村 鷲谷七菜子
  • 御影のおぼっちゃん 和田悟朗
  • あとがき
  • 人名索引

このエントリーをはてなブックマークに追加

ページの先頭に戻る