俳句の根拠(坪内 稔典)

内容紹介

近世・近代俳人論 現代俳句のことばと根拠を芭蕉、鬼貫、子規、虚子、波郷、赤黄男、鷹女等近世・近代俳人の軌跡のうちに辿り、一貫した俳句表現論を展開する。1982年発刊の書籍を電子書籍、PODで復刊。象の森書房から出版

〈目 次〉

  • Ⅰ 俳句の根拠
    • 過渡の詩
    • 写生の心
    • 無名者たちの希求
    • ことばの危機
    • 俳句の根拠
    • 片言の抒情
    • 小さな家で
  • Ⅱ 俳諧のことば
    • 「嵯峨日記」覚え書
    • 雑の思想―鬼貫論序説
  • Ⅲ 俳句のことば
    • 最晩年の子規
    • 内なる虚子
    • 富沢赤黄男論
    • 三橋鷹女論―花たちのざわめき
    • 兄妹俳句の波郷
  • あとがき
  • 初出一覧
  • 奥付

このエントリーをはてなブックマークに追加

ページの先頭に戻る