世紀末の地球儀(坪内 稔典)

定型詩のあり方を探る

〈坪内稔典 俳句シリーズ〉

世紀末の地球儀

出版社:象の森書房

著 者:坪内 稔典(つぼうち としのり/ねんてん)

ジャンル

俳句・短歌/現代俳句/評論

キーワード

俳句/短歌/評論/正岡子規

閲覧タイプ

フィックス(固定)POD(プリント・オン・デマンド)

主な販売サイト


販売サイト(POD版)


内容紹介

定型詩のあり方を探る坪内稔典論集。
現代俳句のコトバはどこへ行くのか? 俳句・短歌を論じ、定型詩のあり方を探り、コトバの生死する現場からの招待状。坪内氏の思想的根拠を伝え熱をはらむ評論集。1984年発刊の書籍を電子書籍、PODで復刊。象の森書房から出版

〈目 次〉

  • [Ⅰ]定型詩のありか
    • 国詩のヴィジョン
    • 二十世紀末の地球儀―子規の目指したもの
    • 〈座〉の活力
    • ことばの創造
    • 定型詩の夢
    • 雨ざらしの子規
    • 河馬と恋情
  • [Ⅱ]俳句の光景
    • 若い俳句―室生犀星
    • 〈表現の水準〉を考える―『山ロ誓子全集』
    • 現実への肉迫―『富沢赤黄男全句集』
    • 新聞紙の素顔―桂信子句集『初夏』
    • 成熟から遠く―佐藤鬼房句集『鳥食』
    • 俳句定型への反意―『赤尾兜子全句集』
    • 「ぽー地方」のはなやぎ―阿部完市句集『春日朝歌』
    • 謎の装置―平井照敏句集『枯野』
    • 深夜の鬼―岩尾美義句集『微笑佛』
    • 何処の岸へ―増田まさみ句集『ルソーの森深く』
    • 口語の異貌―西川徹郎句集『瞳孔祭』
    • 定型が目覚めるとき―久保純夫句集『水渉記』
    • 俳句形式の夢―白木忠句集『君不知』
    • 私事へのこだわり―角川春樹句集『信長の首』
    • 月並の活力―吉野義子の俳句
    • 負性に根ざして―宇多喜代子の俳句
    • 君に会いたい
    • 定型の揺れる場所
    • 無意味な大地
    • 遠方の友
  • [Ⅲ]短歌の光景
    • 子規と与謝野鉄幹
    • さて何を泣く―失意の鉄幹
    • 『赤光』の活力
    • 羞恥の深さ―岡井隆小論
    • 相克のダイナミズム―岡井隆『正岡子規』
    • 詩歌のありか―塚本邦雄『詩魂紺碧』
    • 幻の〈若葉の村〉へ―佐佐木幸綱歌集『火を運ぶ』
    • 基層としての感情―佐佐木幸綱『作歌の現場』
    • 定型詩の根拠―福島泰樹『やがて暗澹』
  • あとがき
  • 奥付

このエントリーをはてなブックマークに追加

ページの先頭に戻る