千綿への想いシリーズ①さくら(花 八千代)

内容紹介

年を経る毎に募る故郷への想い。そんな故郷への想いを小説にして綴りました。家族への想い、故郷の人々への想いを思い出してみませんか? 電子書籍、オンデマンド印刷本でアットマーククリエイトから出版

〈目 次〉

  •  ちわた
  •  はじめちゃん
  •  保険屋のおばちゃんの日誌 その1
  • さくら
  • 奥付

著者プロフィール

花八千代(はな やちよ)

1951年、長崎県東彼杵郡東彼杵町千綿瀬戸で生まれる。千綿小学校、千綿中学校、諫早商業高校を卒業後、大阪へ。1993年より保険屋のおばちゃんとなり、現在に至る。60才を超えた頃から、千綿への郷愁の思いがとまらない。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページの先頭に戻る