いきてる え・て・が・み(お城のおばあちゃん 十河博子)

絵手紙は生きている

いきてる え・て・が・み

著者:お城のおばあちゃん 十河 博子(そごう ひろこ)

監修:十河 浩二(そごう こうじ)

ジャンル

エッセイ・随筆/絵画/画集

キーワード

えてがみ/交流/笑顔/サロン

閲覧タイプ

リフロー

主な販売サイト


内容紹介

絵手紙あげます

お金はいらない、笑顔と元気を下さい。
丸亀城のお城サロンで10年以上絵手紙をプレゼントしている”お城のおばあちゃん”が、すてきな絵手紙と共に人々との交流のエピソードを綴った作品。
子供たちは巣立ち、夫に先立たれ、一人残され泣き暮らしていたおばあちゃん。
桜の花に誘われて、お城にスケッチに出かけたことから始まりました。
私にも何か出来る事があるのではないか?と。

しんみり、ほっこり、心が癒されます。
あなたもお城のおばあちゃんに会いに行ってください。

いきてる え・て・が・み内容サンプル1 いきてる え・て・が・み内容サンプル2 いきてる え・て・が・み内容サンプル3

〈目 次〉

  • 「お城サロン」の愉しみ
    • 1)お城サロンについて
    • 2)きっかけ
    • 3)絵手紙は生きている、事実は小説より奇なり
    • 4)幼馴みとの出会い
  • あとがき
  • メディア放映・掲載履歴
  • 作者紹介・奥付

このエントリーをはてなブックマークに追加

ページの先頭に戻る