車椅子が運転席になる車両(上島 太郎)

あなたならどうしますか?

車椅子が運転席になる車両 俺だけが語れる実話

著者:上島 太郎(うえしま たろう)

ジャンル

エッセイ・随筆/ノンフィクション一般/福祉/クルマ・バイク

キーワード

車椅子/車/障害者/エッセイ/体験談

閲覧タイプ

リフロー〈文字サイズ可変〉POD(プリント・オン・デマンド)

主な販売サイト(電子書籍版)


販売サイト(POD版)


内容紹介

31才の誕生日には身障者になっていた。こんなことが現実に起こるんだから事故は怖いんだ。星の数ほど悔しんで泣き叫んでも、過去には二度と戻らない。
生涯二度と自分で運転できないと思っていた著者が、自立型福祉車両で再びハンドルを握るまでの物語。

脊髄損傷は今の医学では治癒不可能と言われています。
それでいて日本では事故や病気で脊髄損傷をする人が年5,000人以上、10万人の脊髄損傷者がいます。
他人事と思っている人も、車がぶつかってきたり、自転車で転んだり、階段から落ちたりと、
一瞬で脊髄損傷になる可能性があるのです。

〈目 次〉

  • 第1話 全く予想もしなかった悪夢の生活
  • 第2話 健常者だった過去 激動の昭和から平成にかけて 前編
  • 第3話 健常者だった過去 激動の昭和から平成にかけて 中編
  • 第4話 健常者だった過去 激動の昭和から平成にかけて 後編
  • 第5話 リハビリ施設での生活
  • 第6話 和歌山市南部 在宅で生活 前編
  • 第7話 和歌山市南部 在宅で生活 後編
  • 第8話 電動車椅子が運転席に「自立型福祉車両」 前編
  • 第9話 電動車椅子が運転席に「自立型福祉車両」 後編
  • 第10話 活動中で勉強中 ラインは引かない現在進行形
  • おわりに

このエントリーをはてなブックマークに追加

ページの先頭に戻る