童謡 禅のこころを歌う(重松宗育)【禅文化研究所】

内容紹介

「しゃぼん玉」「虫の声」「からたちの花」「うみ」「ふるさと」など、なつかしい童謡が誘う、しみじみ、ほのぼのとした禅の世界。各章冒頭に歌詞を掲載、さわやかなこころに出会う珠玉の一冊。

どの童謡を読んでも、メロディーが浮かんでくる。思わず口ずさみたくなる。私には懐かしい紀州の山河も目に浮かんでくる。忘れていた童心に帰る。そんな心で、重松先生の深い解説を読むと、一層心に染みてくる。読み終えて、心地よい禅の風が吹き渡るのを感じることができた。 横田南嶺(臨済宗円覚寺派管長・花園大学総長)

〈目 次〉

  • はじめに
  • 第一章 仮の世を生きる 「しゃぼん玉」―空(くう)を歌う
  • 第二章 私が私であること 「あの子はたあれ」―己事究明(こじきゅうめい)を歌う
  • 第三章 すべてを貫く眼(まなこ) 「たなばたさま」―平等性(びょうどうしょう)を歌う
  • 第四章 みんなちがって、みんないい 「虫のこえ」―和合(わごう)のこころを歌う
  • 第五章 つながりと思いやり 「手のひらを太陽に」―不殺生(ふせっしょう)を歌う
  • 第六章 ありのままの世界 「からたちの花」―大円鏡智(だいえんきょうち)を歌う
  • 第七章 自由自在のこころ 「とんぼのめがね」―三昧(さんまい)を歌う
  • 第八章 一隅を照らす 「灯台守」―慈悲行(じひぎょう)を歌う
  • 第九章 人生の妙味 「うみ」―柔軟心(にゅうなんしん)と不動心(ふどうしん)を歌う
  • 第十章 「故郷」―帰空(きくう)を歌う
  • 禅の風を追って―むすびにかえて

著者プロフィール

重松宗育(しげまつ そういく)

静岡県承元寺住職。『禅林句集』などの英訳出版により欧米への禅の紹介に力を注ぐ。日本語でも『星の王子さま、禅を語る』、『モモも禅を語る』、『アリス、禅を語る』(筑摩書房)などの著書がある。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページの先頭に戻る