電子書籍、自費出版、電子化に関わることならお任せ下さい!アットマーククリエイト 電子書籍制作、電子書籍出版、自費出版のアットマーククリエイト

> > 馬祖の語録(入矢義高)
馬祖の語録【禅文化研究所】(入矢 義高)

馬祖語録の訓注口語訳の定本

馬祖の語録

出版社:禅文化研究所

著 者:入矢 義高(いりや よしたか)

ジャンル

伝記・人物伝/哲学・思想/宗教

キーワード

禅/宗教/語録/思想

閲覧タイプ

フィックス(固定)

主な販売サイト


内容紹介

馬祖道一は湖南の石頭希遷と共に禅界の双璧と称され、その「平常心是道」「即心是仏」の禅風は、百丈、黄檗、そして臨済に継承され、後世の禅者に多大な影響を与えた。しかし馬祖の語録は、彼の禅思想史上に残した偉大な足跡から見れば、他の禅僧ほどには研究がなされているとはいいがたく、また宗門においてもあまり読まれることがなかった。本書は、この未踏ともいえる「馬祖の語録」の研究に多年にわたる労を続けてきた、斯界の権威である入矢義高教授を中心とした、禅文化研究所中国禅録研究班の研究成果の大成である。研究者・禅宗僧侶必読の書であり、「馬祖語録」の底本ともいえる決定版である。内容:原文、読み下し、口語訳、注釈、解説。初版昭和59年6月30日の本書は長らく絶版品切となっていたが、このたび、電子書籍として復刻した。

〈目 次〉

凡例
江西馬祖道一禅師語録
〔一〕出生・出家
〔二〕南岳懐譲との出会い
〔三〕般若多羅の予言
〔四〕心印を受ける
〔五〕鍾陵開元寺に出世
〔六〕懐譲、僧を遣って馬祖を試す
〔七〕遷化
〔八〕示衆
 (一)達磨の一心の法
 (二)三界唯心
 (三)見色見心
〔九〕道についての問答
 (一)修道について
 (二)達道の見解について
〔十〕示衆
 (一)平常必是れ道
 (二)一切法みな心に由来す
 (三)一切法はみな仏法
 (四)法身
 (五)有為と無為
 (六)心生滅義と心真如義
 (七)迷と悟
 (八)無生法忍
 (九)如来清浄禅
 (十)道をまっとうに見て取れ
〔一一〕馬祖と三人の弟子の月見
〔一二〕馬祖と南泉の「桶」
〔一三〕馬祖と百丈の命のない所
〔一四〕大珠の参問
〔一五〕馬祖と法会の三人で相談してはならんこと
〔一六〕惟建の坐禅
〔一七〕石鞏慧蔵
 (一)鹿の仕止め方
 (二)真の牛飼い
〔一八〕馬祖と二人の弟子の頭の白黒
〔一九〕馬祖と麻谷の「急だ」
〔ニ十〕梅の実は熟した(一)
〔ニ一〕扮州無業の参問
〔ニ二〕鄧隠峰の「石頭路滑」
〔ニ三〕鄧隠峰の覚悟
〔二四〕石臼の参問―情然の一句―
〔二五〕亮座主の参問―虚空の説法(一)―
〔二六〕水老の参問―馬祖の一蹴り―
〔二七〕寵居士の参問
 (一)一切の存在と関わらぬ者
 (二)不昧本来人
 (三)筋骨なき水
〔二八〕即心即仏は子供を泣きやますためのもの
〔二九〕西来意―即今のお前自身の問題―
〔三〇〕道に合すとは
〔三一〕西来意
〔三二〕耽源の円相
〔三三〕一本は長く、三本は短い
〔三四〕径山、馬祖に乗せられる
〔三五〕講僧との問答―不出不入の法―
〔三六〕酒肉は是か不是か
〔三七〕薬山、石頭・馬祖に参ず
〔三八〕丹震和尚、天然のいわれ(一)
〔三九〕慧朗の仏知見
〔四〇〕東湖の水
補遺
〔四一〕鬼神の使い
〔四ニ〕辟支仏僧の神通
〔四ニ〕菩薩人の境界
〔四四〕西川の黄三郎の自得
〔四五〕亮座主の参問―虚空の説法(二)―
〔四六〕汾州和尚の大悟
〔四七〕梅の実は熟した(二)
〔四八〕丹霞和尚、天然のいわれ(二)
〔四九〕五洩和尚、出家の因縁
〔五〇〕五洩和尚、大悟の機縁
〔五一〕百丈の幕引き
〔五ニ〕百丈の払子
〔五三〕百丈の大悟
〔五四〕馬祖の胡餅
〔五五〕百丈の大黙
〔五六〕逢著できない人
〔五七〕道得
〔五八〕西堂、慧忠国師に使いす
〔五九〕西堂、径山に使いす
〔六〇〕伏牛、慧忠国師に使いす
〔六一〕勿量大の薪
〔六ニ〕仏は展手、道は握拳
〔六三〕馬祖の一接
〔六四〕馬祖の一円相
〔六五〕定慶のはかり
〔六六〕還郷
〔六七〕出家前の心と出家後の心
〔六八〕示衆
 (一) 達磨の一心の法と梼伽経
 (二)三界唯心
 (三)見色見心
〔六九〕心について
〔七〇〕迷人の喰え
〔七一〕遷化
付録
洪州開元寺石門道一禅師塔碑銘井序
『馬祖の語録』をめぐって
索引
唐代禅者生卒表


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページの先頭に戻る