電子書籍、自費出版、電子化に関わることならお任せ下さい!アットマーククリエイト 電子書籍制作、電子書籍出版、自費出版のアットマーククリエイト

> > 電子書籍で自費出版Q&A

電子書籍で自費出版Q&A

電子書籍にするメリットはなんでしょうか?

主に下記の3つがあります。

●印刷の場合、まとめてたくさんの部数を印刷する必要がありますが、電子書籍は一つのファイルを作成するだけで販売が可能です。

●書籍をたくさんの書店に配本する事は難しいですが、電子書籍ならたくさんの電子書店(電子書籍ストア)への配信が可能です。紙の場合だと書店に本が並ばず手に入らない可能性がありますが、電子書籍ならどこでも誰でも即時に購入が可能です。 ⇒(参考)弊社配信ストア一覧

●制作費用が紙の書籍に比べて、かなり抑えることが出来ます(印刷代と書店への配本にかかる費用が発生しないため)。

今までまとまった文章を書いた事がないのですが、大丈夫ですか?

あなたに伝えたいことさえあれば、大丈夫です! 弊社の担当者に伝えたいことをお話下さい。どのようにどんなことを書いたら良いのか、アドバイスさせて頂きます。あとはご満足頂けるまで何度でも、やり取りさせて頂きます。

どれぐらいの量を書いたらいいでしょうか?

電子書籍だと普通の書籍より少なくても大丈夫です。原稿用紙50枚ぐらいから可能です。

販売価格はどうやって決めるのですか?

弊社では、基本的には本体500円で販売していますが、お客様の希望によって変更は可能です。

カラーだと制作費は高くなりますか?

電子書籍の場合、オールカラーでも制作費は同じです。写真集や画集などの場合だと、普通の紙の書籍と比べて更に割安となります。

製作期間はどれぐらいかかりますか?

すでに原稿がある場合とこれから書き始める場合では、大きく異なりますが、原稿がある場合だと1ヶ月~3ヶ月。ない場合は、半年ぐらいかかる場合もあります。

配信手続きまでお願いできますか?

弊社では契約サイト全てに配信手続きをします。一部、内容によって配信されないサイトもございますが、多くのサイトに配信が可能です。 ⇒(参考)弊社配信ストア一覧

販売に応じて、著作権料は支払ってもらえますか?

もちろん、お支払いします。その他、販売数の報告も毎月させて頂きます。

どんな内容でもお願いできますか?

弊社では、他人への誹謗中傷を目的にしたものは、承っておりません。ジャンルは特に問いませんが、出来れば読んだ人が元気になれる、前向きになれるものをお願いします。。。

実際にかかる費用はどれぐらいですか?

原稿にもよりますが、大体30万円ぐらいです。手書きのものや録音データからなど別途作業が必要なものについては、追加料金が発生します。

費用を支払うタイミングは?

お客さまと契約を結び、着手した段階で前金として半額、完成時に残金をお支払い下さい。
⇒ コチラもご参考にご覧下さい。「出版までの流れ」

ISBNは取得できますか?

はい。電子書籍だけの出版の場合、登録されていないところが多いようですが、弊社では出版する電子書籍には全てISBNを付与しております。
※ISBN……国際標準図書番号。世界共通で書籍を特定するための番号。

国立国会図書館に納品できますか?

現時点で、電子書籍は納入対象ではありません(無償のものやDRMフリー(コピーが可能なもの)の電子書籍だけ納本が義務付けられています)。今後はわかりませんが、今のところ納本は行っておりません。

まずはどうすれば良いでしょうか?

まずはご連絡下さい! 原稿の内容や量、完成度、ご予算などをお聞きします。また作業の段取りや原稿のフォーマットなど質問等にもお答えします。
⇒ コチラもご参考にご覧下さい。「出版までの流れ」

お問い合わせはこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加

ページの先頭に戻る