電子書籍、自費出版、電子化に関わることならお任せ下さい!アットマーククリエイト 電子書籍制作、電子書籍出版、自費出版のアットマーククリエイト

> > > 猿猴 川に死す(森下雨村)
猿猴 川に死す【岳洋社】(森下雨村)

釣り随筆の最高傑作の一冊

猿猴 川に死す

出版社:岳洋社

著 者:森下 雨村(もりした うそん)

ジャンル

文芸一般/エッセイ・随筆/釣り

キーワード

随筆/釣り/四国/川

閲覧タイプ

リフロー

主な販売サイト


内容紹介

著者は「新青年」編集長として大正~昭和初期に江戸川乱歩、横溝正史らを発掘し、推理小説という分野を根づかせた陰の功労者。
後年、郷里の高知県へ移り、晴耕雨読ならぬ晴釣雨読といった生活の中から、釣り随筆のまぼろしの名著とされる本書を著する。
現代ではなかなか感じられない、自然と密着した生活、人との交流を釣りを通して表現したものである。

〈目 次〉
猿猴 川に死す
大漁不満
鎌井田の瀬
面 河 行
とおい昔
少年の日
種田先生
園さんと狸
うなぎと遊ぶ
不具の蟹
はぜ釣り婆さん
博労の宿
泰平の世
友釣りの師
手箱山の仙人
釣連
もの言わぬ人
八畳の滝
天国地獄
柳の瀬


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページの先頭に戻る