電子書籍、自費出版、電子化に関わることならお任せ下さい!アットマーククリエイト 電子書籍制作、電子書籍出版、自費出版のアットマーククリエイト

> > > ワードをInDesignに読み込む最良の方法ー試論[文字組編](山崎亮一)
ワードをInDesignに読み込む最良の方法ー試論[文字組編]【せせらぎ出版】(山崎亮一)

徹底検証!

ワードをInDesignに読み込む最良の方法ー試論[文字組編]

出版社:せせらぎ出版

著 者:山崎 亮一(やまざき りょういち)

ジャンル

IT/趣味・実用一般/コンピュータ一般

キーワード

ワード/インデザイン/読み込み

閲覧タイプ

フィックス(固定)

主な販売サイト


内容紹介

最近、出版・印刷物の原稿がほとんどMSワードで入稿されるようになってきた。そのワード原稿には、文字データのみならず、写真、図、表が含まれていることが多い。
また文字データについても「ルビ」「傍点」アンダーライン」「上付き文字・下付き文字」「斜体」「太字」「脚注」など、ワードの多彩な機能が使われ、それらが組版指定を兼ねていることも多い。
これらをふまえ、インデザインのワード読み込み機能でどこまで対応できるか、対応できない部分の対応はどうすればいいか、徹底的に検証してみた。

〈目 次〉
Ⅰ.原則的考え方
Ⅱ.実験でわかったこと
Ⅲ.基本的な作業の流れ
Ⅳ.準備
Ⅴ.読み込みの手順
Ⅵ.実例集――Before After
Ⅶ.ワードの画像について


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページの先頭に戻る