電子書籍、自費出版、電子化に関わることならお任せ下さい!アットマーククリエイト 電子書籍制作、電子書籍出版、自費出版のアットマーククリエイト

> > 老いても人生花ざかり 老境至福人生詩(宇佐美 覚了)
老いても人生花ざかり 老境至福人生詩(宇佐美 覚了)【浪速社】

傘寿を迎えさらに幸せ感充実。

老いても人生花ざかり
老境至福人生詩

出版社:浪速社

著 者:宇佐美 覚了

ジャンル

エッセイ・随筆/詩・俳句/暮らし・生活全般

キーワード

老い/生き方/老後/メッセージ

閲覧タイプ

リフロー

販売サイト


内容紹介

老いをめぐる発想と生き方がガラリと変わるメッセージ詩集!
今日から出来る高齢人生満喫の習慣!
本書は、私自身の日常生活の発想と生き方の現実です。
一人でも多くの皆さまに参考となり、少しでも役立つことがあれば幸せです。(「おわりに」より)

〈目 次〉
はじめに
序章 高齢期人生を幸せに生きる具体的日常生活の五大原則
第一章 私の人生は生涯ありがたい
 1.毎日がめったにないことの連続
 2.他から恩恵や好意を常に受ける
 3.いつも無限の加護に守られる
 4.新鮮な体験が幸せ感を増強
 5.朝夕に感謝の合掌の日常生活
第二章 老化にともない幸せ感が充満
 1.肉体は老化しても心は盛春
 2.高まる時間の密度の生きがい
 3.感謝の心の強化が幸せ感を拡大
 4.自己実現の願望で毎日が充実
 5.もっと社会貢献をしたい
第三章 生かされ守られている生活
 1.無数の人間の世話になっている
 2.動植物の生命の犠牲のお蔭
 3.限りなく環境の恩恵を受ける
 4.祖先や親のいのちを継続
 5.大自然に支えられて生活する
第四章 老いた現在の私の人生観
 1.人間として誕生した縁を喜ぶ
 2.他者の幸せを心より祈願
 3.欲望を少なく満足の心を多く
 4.毎日を感謝して楽しく生活
 5.最後は全て受けいれる覚悟
 6.老いは淋しくない
 7.病も友にしたいと念ずる
 8.肉体の消滅は当然と笑顔で納得
 9.肉体は有限でいのちは無限
 10.地上の恒久の平和と平安を願う
第五章 苦悩のなかに至福の花がさく
 1.人生に四苦八苦はさけられない
 2.苦悩を昇華した後の達成感
 3.不平や不満の心が不幸のもと
 4.笑顔での努力が満足感をよぶ
 5.感謝と精進が真の至福を招く
第六章 私の幸せな日常生活内容
 1.早寝早起きと昼寝の習慣
 2.祖先と両親への感謝の合掌
 3.全ての人に平和祈願しミニ遍路
 4.毎日一万歩の散策
 5.妻と朝のコーヒーを楽しむ
 6.愛犬と朝夕たのしく遊ぶ
 7.読書や仕事を毎日数時間する
 8.篤志面接委員など社会奉仕活動
 9.執筆や講演などの活動をする
 10.妻や子供家族との楽しい生活
第七章 私の確信する死生観
 1.人のいのちは永遠に継続
 2.肉体の死は怖いものではない
 3.私の心身に祖先や親が生存
 4.生も死もなく私は生き続ける
 5.無限の人が心身に生存して幸せ
第八章 いつでも今が最高の人生
 1.いつの年齢でも今を生きる自覚
 2.現在は過去と未来をいかす
 3.老いの人生も感謝して楽しく
 4.幾つになっても夢は多くある
 5.今日もありがとうと合掌の生活
第九章 私の座右の「四字熟語」
 1.安心立命
 2.一期一会
 3.脚下照顧
 4.公序良俗
 5.悉有仏性
 6.順逆一視
 7.小欲知足
 8.晴耕雨読
 9.知行合一
 10.涅槃寂静
おわりに
著者プロフィール


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページの先頭に戻る