電子書籍、自費出版、電子化に関わることならお任せ下さい!アットマーククリエイト 電子書籍制作、電子書籍出版、自費出版のアットマーククリエイト

> > > 淑やかな彩 Profile of Shouko 6 蝉時雨の庭 外伝
淑やかな彩 Profile of Shouko 6 蝉時雨の庭 外伝(加納 祥子)

あの夜は仕組まれたものだった

淑やかな彩 Profile of Shouko 6

蝉時雨の庭 外伝

著者:加納 祥子(かのう しょうこ)

ジャンル

官能小説/ブログ ※アダルト作品(18歳未満の閲覧禁止)

キーワード

官能/ジャズライブ/策略/男のファンタジー

閲覧タイプ

リフロー|POD(プリント・オン・デマンド)

主な販売サイト(電子書籍版)


販売サイト(POD版)


内容紹介

うるさい程に蝉時雨が響く夜に、祥子と長谷川が出会ったのは偶然ではなかった。ジャズライブの会場であるホテルの支配人のたくらみだった。地元から都内の閑静なホテルに単身赴任して一年足らずの支配人は、友人が主催するジャズライブに訪れた祥子に恋をした。しかし、小柄で一見がさつな中年男にしか見えない自分を知っている彼は、自ら祥子を口説くことはしなかった。祥子の好みのタイプである長谷川をけしかけ、彼に抱かせる場に立ち会うことで自らが満足する<寝取られ>の欲望を満たそうとしたのだ。切ない男の歪んだ恋を描いた蝉時雨の庭 外伝。(第九章「支配人 日比野治彦」)

誰にも見られていないはずだった、蝉時雨の夜の祥子と長谷川の行為をただ一人見ていた男がいた、参議院議員高野篤秀。なによりも口戯に執着を持つ彼は、行為のあとの長谷川のものを躊躇わずに口で清めた祥子に興味を持つ。「彼女が欲しい」と手を尽くす高野に、支配人と長谷川はこう答えた。「先生が彼女に対してきちんと名刺を差し出して、乞われたらいかがですか?彼女に対してフェアに接すれば、限りなく先生の欲望に応えてくれるでしょう。不思議ですが、彼女はそういう女性なのです」と。その高野に祥子が与えた答えは・・・。ファンタジーを追い求める男達と祥子を描いた蝉時雨の庭 外伝第二弾。(第十章「国会議員 高野篤秀」)

第一巻『オペラピンクのランジェリー』に掲載された第二話「蝉時雨の庭」のスピンオフストーリー。祥子の虜になった男達を描いた初の外伝。

〈目 次〉
第九章 支配人 日比野治彦
第十章 国会議員 高野篤秀


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページの先頭に戻る