電子書籍、自費出版、電子化に関わることならお任せ下さい!アットマーククリエイト 電子書籍制作、電子書籍出版、自費出版のアットマーククリエイト

> > > ソムリエさんちのばんごはん ワインにあいそうな肴づくり 春夏編
ソムリエさんちのばんごはん ワインにあいそうな肴づくり 春夏編(とくおか そのこ)

毎日の献立とワイン 春夏編

ソムリエさんちのばんごはん ワインにあいそうな肴づくり 春夏編

著者:とくおか そのこ

ジャンル

エッセイ・随筆/日記・書簡/ブログ/暮らし・生活全般/料理/グルメ

キーワード

ワイン/料理/ブログ/家庭/ソムリエ

閲覧タイプ

フィックス(固定)

主な販売サイト


内容紹介

これは日々の食事と一緒に飲むワインの記録です。

我が家の夕食ではほぼ毎日ワインを飲んでいます。
季節の食材を取り入れつつ、健康のことも気にして野菜を多く取り込み、お肉はなるべく隔日に、そんなお惣菜ですから飲むワインも軽い口当たりから中程度のものが多いようです。

プルタブで簡単に開けられる缶ビールに比べて、ワインは硬いコルクを抜いたり背の高いグラスの洗浄をしたりと取り扱いが面倒です。疲れがピークに達した日は正直手軽に缶ビールを飲んでいます。それでもほぼ毎日ワインを飲む理由は、食事との相性が百発百中ではない面白さかもしれません。ワインの持つ複雑な味わい、そうブドウの風味だけに留まらない多面的な味わい、そこにたまたまその日に作ったお惣菜と合わせるという課題が加わるのです。お惣菜にいくつかの食材と調味料を使っているように、ワインにも折り重なるようにいくつもの風味があります。当然ブドウ果実、リンゴやオレンジ、南国のフルーツやフローラルな香り、はたまたバターやヨーグルト、木や草の風味まで...これらの要素を組み合わせてその日のベストの相性を考えること、それもテーブルにお皿が並べられるまでにという制限時間付きで!(もちろん無限とも思われる組み合わせを一つ一つ検証するような高等なことはしていません、あくまでもなんとなく直観で、そしてとても適当にです)

こんな思考作業を同じく有資格者の夫とそれぞれが同時進行でやっていて、どちらからというわけでもなく、「バター使っているからシャルドネかな」とチリのシャルドネ種を使った白ワインがテーブルに乗ります。いつもふたりのアンサーがほぼ同じなのは、ソムリエ教本がその出所だからです。互いに“教科書通り”の知識は持ち合わせておりその知識がワイン選びのベースになっています。しかし数少ないワインの在庫と乏しい料理のテクニックでは教科書の再現は極めて難しく、これを削ぎに削いでシンプルにし、時には失敗もアリなのがこのワインの記録です。(著者「はじめに」より)

〈目 次〉
1 安くて旨くて、旨くて。2005年のメドックワイン
2 ミネラルの風味たっぷりブロンズ賞のボルドーワイン
3 山形県産さくらんぼの第一印象があるポムロールの赤ワイン
4 ふきのとう、うどの芽、あなごの天ぷら、そしてロワールの白ワイン
5 美味しいよってラベルに書いてあったボルドーの白
6 1996年のブルゴーニュの白、蜂蜜とレモンの風味
7 87年のミュスカデに敬意を払って晩御飯の仕度
8 生きていてくれた87年のミュスカデ
9 1996年でも少女のように初々しいポマール
10 お値段以上のソーヴィニヨン ブラン、すだちとブリ
11 ♪灯りをつけましょ、ぼんぼりに~
12 決行!ホワイトアスパラ。「バターソテー」と言ったら定番シャルドネ
13 テーブルに置いた瞬間がベスト
14 またしても薬味の活躍、豚と大根の煮込みとドイツの赤ワイン
15 オリーブの実を調味料に、のススメ
16 旬のカツオと“まかない”ワイン
17 テレビでやっていた「スタミナ納豆」
18 ミネラルつながり、ドイツの白ワインと帆立のお刺身
19 土曜日のブランチの楽しみ…
20 人好きのするロゼ
21 アラン デュカスのレストラン
22 ブログ久々、ロワールのサンセールも久々。
23 あなどるなかれ冷凍ピザ
24 味わいが下降気味のワインの蘇生
25 【報告】アキタニア、メーカーズディナー
26 アーモンドの木という畑@アルザス
27 カレイの煮付けにヴェルデッキオ?
28 梅の味を持つ赤ワイン シャトー マルジョス
29 ドイツビール、その専用グラスで飲む
30 温泉卵おいしい。シーザーサラダに入れて、またカルテンベルグと
31 魚にはヴェルデッキオ!+冷製パスタ
32 鴨のコンフィ、いつの間にか仕事との境目が…
33 今宵は何を…1,000円台の2000年ってどんなの?
34 理解しやすい素直なボルドー赤は1350円、金賞受賞
35 ステンレスタンク発酵なのにナッツの風味イタリアの白ワイン
36 2000年で1,000円台、オリ沈下のため8日を経て
37 普段飲みにはサイコー!日本の裏の国チリ
38 わんぱくでもいい…たくましく育ちそうだ。
39 ウニとシャンパン、目をさらに3ミリ見開く美味しさ!
40 仏 ボルドーにある鴨肉専門店から仕入れたコンフィ
41 ワインレストランリニューアルオープンお披露目で
42 シャンパーニュ、シニー レ ロゼ村、樫の木と美しいバラの庭園
43 夜な夜な、ブルゴーニュの赤に霜降りのお肉で…
44 冷製パスタのジュレ、リベンジ!
45 イタリアワインの王様、バローロ(高くない◎)
46 おとなのおやつ+シャンパン付き
47 これはオフレコ。モンドールの大実験
48 まるでサクランボ!二度見してしまいました
49 極甘口ソーテルヌとカレーライス
50 合いすぎると合わない。ブリの塩焼きとロゼワイン
51 鴨の砂肝コンフィ、ブルゴーニュの赤と
52 帆立が好き、鮮魚売り場の前を通ると欲しくなる
53 霜降りのお肉を入手、ボルドーの赤と
54 やっぱり美味しいアロモ、今宵はメーカーズセレクション
55 星、あんまり見えませんでしたね@大阪の空
56 ドライカレーと合わせたお酒
57 玉手箱チーズ、食べました
58 夏バテに美味しいニンニク風味の料理と白ワイン
59 トマトすき焼とボルドー2007の白ワイン
60 カランドレイ、それだけで美味しい
61 定番のボルドー白が定番たる理由
62 ジャージャー麺とシャンパン
63 今が旬、ドイツ修道院仕込のヴァイツェンビール
64 お抹茶味に変化するソーテルヌ
65 お造りのタコに赤ワインを合わせるとしたら
66 酢豚とドメーヌ モンローズ、合ったポイント
67 うなぎにはメルローが合うのか


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページの先頭に戻る