電子書籍、自費出版、電子化に関わることならお任せ下さい!アットマーククリエイト 電子書籍制作、電子書籍出版、自費出版のアットマーククリエイト

> > > 日本のラベル 明治 大正 昭和(三好一)
日本のラベル 明治 大正 昭和【紫紅社】(三好 一)

商標ラベル・コレクション

日本のラベル 明治 大正 昭和

出版社:紫紅社

著 者:三好 一(みよし はじめ)

ジャンル

メディア・マスコミ/芸術一般/絵画/デザイン/美術

キーワード

ラベル/大正ロマン/広告・宣伝/デザイン/グラフィックデザイン

閲覧タイプ

フィックス(固定)

主な販売サイト


内容紹介

ラベルは英語の LABEL (レエィベル) の日本語化したもので、商品の容器などに商標や広告を刷って貼り込んだ印刷片を指す言葉である。印刷技術の発達によって今では容器そのものに直接印刷することが可能になり、ラベルを剥がして収集する事が難しくなってきた。ここに掲載したラベルは時代性をよく反映しており、その洗練されたデザインの新鮮さに驚かされる。ここには明日をすすむ温故知新の世界がある。大人気、紫紅社編集「京都書院アーツコレクション」の新装版!

商品に貼られたラベルは、その商品の中身を保証する重大な使命を担っているものである。有名ブランドのラベルがいつの時代にも真似をされ、今も昔もラベルをめぐる争いに絶え間がないのは人のよく知るところである。商品が量産され、囲内はもとより世界へ向かってその輸出にも力が入れられ始めた明治時代、当時の政府は商品の利益を保護する手段のひとつとして、明治十七年六月七日、登録商標法を発布した。商標の取締特許法である。そして同年六月九日、農商務省内に商標登録所を設置した。この法の設定により、日本国内で発売される商品のラベルは、商標登録の許可がおりれば法の下にその権利が保障されることになったのである。これを契機に各商社や製造業者などが、同業他社の商標ラベルを収集研究するところとなった。また、商業学校などの教育機関、あるいは趣味の世界の人々がラベル分野にまで収集の手をひろげたおかげで、古いラベルが今も私達の手もとに伝えられたことほ感謝すべきである。残された数多くのラベルを見ていると、ラベル自体よくその時代性を表し、かつデザイン性に優れたものが多いのに驚かされる。本書に紹介されているラベルは明治期のものが多いが、商標登録がその当時になされていても大正期に継続されたものも多いので、大正期の可能性もありうる。今回も商品種別に編集したが、各種商品ラベルの中からサーカスをデザインしたもののみを集めたショータイムページも設けてみた。マッチラベルは品種やデザインがあまりにも豊富なので、本書には収録せず、べつに『マッチラベル」『広告マッチラベル』へ収録した。(著者「まえがき」より)

〈目 次〉
まえがき
図版
伝統的木版貼札(ラベル)と袋
居留地商館ラベル
ビール
葡萄酒
ブランデー
ショータイム・サーカスのデザイン化
歯ミガキ
石ケン

レモネード・鉱泉・サイダー
日本酒
煙草
茶箱
菓子
果実
海産物
寿し
漬物
缶詰
調味料
素麺
足袋
絹糸・衣服・染織品
化粧品
雑品
セロファン印刷ポスター標語ラベル
封緘ラベル(昭和)
大正二年ラベル印刷見本帳より
ラベル用原画(大正)


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページの先頭に戻る